技術情報
バッテリーチャージャー
Multi Chager X1 Touch 200 & ePower Box 30A

(Aug. 2013)

ハイテック製のハイパワーの充電器マルチチャージャーX1 Touch 200を紹介します。この充電器は DC 専用ですので、AC電源を使用する場合は、ePower Box 30Aの組み合わせが最適です。

X1 Touch 200(青)は、先行して発売されている X1 Touch(赤)と同じ形をしていたため、 AC 用と見間違えやすいです。

X1 Touch 200(青)には、サーボテスターとモーターの回転計が組み込まれています。ただし、モーターの回転計は、RC Car 用に設計されている回転数出力機能が組み込まれたモーター専用だそうです。(同一モーターでの比較選択に使用)

ePower Box 30Aは、安定化電源で同時に2系統のチャージャーに供給できるものです。

ボディは、アルミの押し出し材(Extrusion)を使用した放熱性のよい形状のものです。

Power Switchの作動方向ですが、「1」がONで「○」がOFFです。 この件、知らなかったのですが、パソコン等の電源スイッチは、「0 、1」の考え方からきているため、「1」がONとなるそうです。

表示は、X1 Touch(赤)と同様で、日本語対応のわかりやすいものです。

電源を入れると、次の表示となります。Omegaにはエネループを搭載していますので、「NiMH」を選択します。

続いて「CELLS/セル数」をタッチし、セルの数を4とします。

さらに「CAPACITY/容量」を1900mAとして、最初の画面に戻り「START」を押して充電を開始させます。

そうしますと、モニター画面に切り替わります。

充電中に「グラフ」を選ぶとグラフ表示となります。 

参考まで、サーボテスターとしても使えます。

使い勝手のよい充電器ですのでお勧めします。

Home

Last Update 8/10/2013